コンセプト

年間180万人の5歳以下の子供たちが下痢のために死亡しています。
世界で二番目に多い子供の死因なのです。
そんな現実をご存じでしたか?
日本で暮らしていると「安全な水を飲む」ことはそう難しい事ではないとお思いでしょう。
しかし、「安全な水を飲める」これほど単純なことで、人の命を守ることができるのも現実なのです。

私たちは人類・生命全てにとって必要不可欠な水の汚染によって命を落としてしまうことがないように願い、安心・安全に水を飲める世界に貢献していくことを目的に『Grobal Omizuプロジェクト』の活動を開始しました。

機能材

水の中で繁殖しお腹をこわしてしまう代表的な一般大腸菌・ O-157 を抗菌・抑制する Hinatomo パウダーを開発

実績

日本以外の多くの国と同様にフィリピンでも、水道水を直に飲むことは できません。そのためフィリピンでもお水はペットボトルで購入するの が通常となっています。
そこで、ピッチャーに Grandeセラミックボールを水道水と共に入れ一晩おくとい う方法でお試し頂いたところ、お腹を壊すことなく、安心して飲んでいた だけるという結果がでました。現地から喜びの声が届き「早く販売して欲 しい」という要請も頂戴しています。

テスト結果

(一般社団法人 日本食品分析センターhttp://www.jfrl.or.jp/による 試験日:2015/4/8)

活動報告

日 時 : 平成28年6月15日(木) 12時半~13時半
場 所 : ホテル日航大阪内
テーマ : 『 安全な水と衛生環境のために 』
内 容 : 大阪フレンドロータリークラブ様における卓話

年間180万人の子供たちが汚染された水の感染が原因で5歳まで生きることのできない水事情と現実。子供たちが尊い命を育み、夢を持って未来を切り開いていく事ができますように・・・

① 私たちは簡単に抗菌できるオリジナルの材料で「水と衛生」の問題解決をしようとしています。

② 私たちが開発した材料は他分野とコラボレーションすることで、新たな価値が生まれ貢献できる商品をお届けできる可能性を持っています。

③ 私たちすべての人が仕事や生活の中で得た技術・材料・アイデア・経験などを組み合わせることにより、世界中の解決したい問題に対して多くの貢献ができるという事です。

今後の取り組みとして「水」と「衛生」の商品を届けていく活動をしていきますので、ぜひとも皆さまのお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

<プレゼンテーション中の吉井代表>
<大阪フレンドロータリークラブ 様 例会資料>

 

日 時 : 平成27年10月8日(木) 18時~19時
場 所 : 宝塚ホテル内
テーマ : 『 ロータリーが届けるミラクルウォーター 』
内 容 : 世界の水事情  「宝塚武庫川ロータリークラブにおける卓話」

年間180万人の子供たちが5歳まで生きることのできない水事情と現実。
そのような汚染された水を、電気や設備を使わず殺菌できれば多くの場所や国に役立つと私たちは信じています。
そのような想いから生まれた水の殺菌のための発想と革新的な商品に、驚きと賛同の声を
参加者の皆様に頂戴致しました。
これからも検証を重ね、多くの国や場所に役立つよう活動してまいります。
ありがとうございました。

プレゼンテーションの様子宝塚武庫川ロータリークラブ、HYOGOロータリーEクラブの皆様と